​施設の紹介

病院外観

 

​​「綺麗なお花いっぱいでお迎えしたい。」

​園芸担当主任、副院長のモットーです。四季折々のお花を愛でてください。

入院室

​​

当院では本当に入院が必要な症状の動物しか入院させません。特に猫の入院は大変なストレスになるようです。生死をかけて頑張っているところに飼い主さんが来られるとその時は気丈に反応しますが、飼い主さんが帰られた後、症状が悪化するケースが多々あります。そのため当院では例外を除き、面会はなるべく控えていただいています。

検査エリア

​​

2ヶ所の診察エリアから全体が見えますので、検査の方法や進捗を確認していただくことが出来ます。時には飼い主様と色々お話をお伺いしながら検査を進めさせていただくこともございます。

 

                  

待合室

 

​​待合室のはめ込み窓からは比良山の全景を望め、「まるで絵画の額縁のよう」と好評です。お待ちいただくための腰掛けは地元産のメタセコイア、杉の大株を用いた院長手作りの座り心地の微妙な逸品です。所狭しと置かれた鉢物は手入れ無しではすぐにジャングルと化します。毎年伸びすぎた枝の挿し木は希望者にプレゼントしていますが、なかなか好評です。

受付

受付のカウンターからは薬棚が丸見えになっています。これは当院で使用する薬は全てお客様に開示したいという思いからであり、ラベルもつけたままになっております。受付ではベテランスタッフが対応させていただきます。なんなりとご相談ください。

手術室

​​

​ゆとりのある広さを確保することに注力し設計しました。10名がはいっての手術も可能です。最近は機器が増えてきて、人の居場所に鎮座するものが出てきました。

診察エリア

​​

カウンターに向かって左側に引き戸が2ヶ所あり、それぞれの中で診察させていただきます。大型の犬や飛び降りる恐れのある個体の場合は床で診させていただくことがあります。

分院

​​

​平成8年4月5日、比良動物病院はここからスタートしました。病院の基礎、棟上げ、屋根葺き、壁のクロスはそれぞれのプロにお願いし、他の工事は全て、半年の工期をかけ家族みんなで完成させました。病院の薪ストーブは寒い日は氷点下を下回る比良の冬の必需品。その燃料の薪の確保も病院の大切な仕事です。

(比良動物病院)

〒520-0524

滋賀県大津市和邇今宿340-7

 

(分院)

〒520-0511

滋賀県大津市南比良1001-70

077-594-0608

​077-596-1878(分院)

© 2016

比良動物病院